2021年5月14日金曜日

307ccマリリンのエンジンルームのインシュレーター(防音・防熱材)劣化の時系列

落ちていたエンジンルームのインシュレーター、見た目けっこう嫌。今月末に原工房さんで取替えます。

前回の交換が2016年だから、今日まで5年維持できた。

雨天の運転後、地下の立体駐車場へ入れているから、雨や洗車後に濡れたエンジンルームのインシュレーターが、外に停めているようには乾かないのが劣化促進かな、と想像しちゃうけれど、時系列で見たらだんだん劣化しているから、そういうのあまり関係ないのかも(不明です)。

2012年のエンジンルームです。この時点で製造後8年。マリリンを購入して半年後。インシュレーター微妙に落ち始めてますが、もしかしたらこの8年間に1度は交換しているのかも。(インシュレーター5年説)




2013年末のエンジンルームです。落ちが加速中。


2016年のエンジンルーム。インシュレーター張替えました。パリッとしてますね。



2018年のエンジンルーム。張替え2年後です、ちょっと落ち気味になってきた。



2021年4月1日、車検終了して原工房さんを出庫するときのエンジンルームです。3年前の2018年とさほど落ちの変化が見られませんね。





2021年5月2日。ちょうど一ヶ月後。ぺろんと落ちてたインシュレーターを発見。いやですね。きれいに直してあげたい。謎のベルト?が見えるけど、これなんだろう?



やっぱり、沖縄時代のように毎週エンジンルームを開けられない掃除できない都心環境が
禍しているとしか思えない。
考え改めて、とにかく毎週エンジンルームを見て掃除することをしたいと思った。














2021年5月11日火曜日

ヒデリンとマリリンの奇跡 (307cc後期型と307cc前期型とのありえない遭遇)


奇跡って

ほんとうにあるんですね。


赤い307ccマリリンが、青い307ccに「ロックオン」された瞬間映像


忘れもしない連休半ばの5月2日夕方。

郊外のホームセンターへ植物の鉢を買いにゆこうと高速に乗ったときのことです。

走行車線を流していたマリリン、右のサイドミラーに初代308っぽい車影が写りました。

今のプジョー車は頻繁に見るけれど旧世代のプジョーは珍しいので、ワクワク。

追い抜かれざまに手を振ったら、そのプジョー車の方も手を振ってくださって、そしてそれが308ではなく、なんと307ccだったので、いきなりテンションマックス。猫がブルンブルンしっぽを振っているような感じになりました。(犬かも)

高速道が空いていたから、並走したり追いつ抜かれつしたり何度もして、前から後ろから横から走っている307ccを初めて見ることができました。

307ccってめちゃくちゃかっこいい!

同乗のy嬢と私はマリリン車内でキャーキャー大はしゃぎです。

そして、これも偶然に降りるインターが同じで、降りた先の方向も同じだったので、

一般道に出てすぐに車を停め、ご挨拶。

そしたらいきなり「kaoritさんですよね! ひでです。ブログ読んでます!」

と言われて頭グラっとなりましたが、すぐに思い出しました。

6年前から投稿にコメントをくださっていた、同じ307ccのあのひでさんです。

ひでさんお初です!

聞けば、いまからBMWのディーラーへ契約しにゆくところ。家族が大きくなったので307ccを手放すことになりました。そんな日にマリリンと会えるなんて奇跡、307ccには気持ちが残っていたけれど、これで手放す踏ん切りがつきました。

高速道だったので15秒違っていたら絶対に会えないですもの。これって奇跡ですよね。最初で最後だから記念写真を撮ろうと、近くの草むらに並べてオフ会を決行。感激して舞い上がっているので、なにをしゃべったのか覚えていないわたし。ひでさんは穏やかで落ち着いた方でした。ネット空間でつながっていたことがリアルでもつながれた喜びを感じて感無量です。ひでさんがディーラーへ契約にゆく時間が迫っていたので15分くらいの、最初で最後の最高のオフ会でした。

ありがとうひでさん。2011年から307ccブログを欠かさず書いてきて、

出会えてよかったです。


307cc後期型ヒデリン(左)と前期型マリリン(右)との最初で最後の出会い



夏草や 兵どもが 夢の跡 :松尾芭蕉


チャイナ・ブルー美しい。



あ、マリリンの防熱フェルトが外れてました。


追記:

ひでさんは、沖縄で2015年7月に開催したオフ会に

遠隔参加(写真参加)してくださいました。

https://kaorit-307cc.blogspot.com/2015/10/a.html

このときの写真、めちゃくちゃ懐かしいですね!
















2021年4月5日月曜日

新しい楽しみ。それは秘かな車内弁当。

 

休日都心、夕方、それも小雨って最高です。

煙る皇居、お堀のシダレヤナギを信号待ちで見る。帝国劇場、銀座に向かって、わしたショップ(沖縄県物産公社)、歌舞伎座を通って、勝鬨橋を渡りウォーターフロントのタワーマンション群の窓の明かりを見ながら晴海の「プジョー中央」前で信号待ち。日本最大のプジョーショールームは苦手意識で横目で通過ですが、プジョー沖縄・丸貴のA垣さんが研修でしごかれた場所なんですね(A垣さんいじめたらいけないと思いますヽ(`Д´)ノ)。そのままなんとなく楽しく走って、あくまでもスカイツリーを避けながら、東京駅方面へ引き返して明治座、桜田門通過して国立劇場の横を抜ける、というのがマリリンとの幸せで一回一回が貴重なきのうの夜でした。


帝国劇場正面にいると、オーケストラのリハが聞こえてくる。


コロナ禍で、いままでのように、どこかに立ち寄って食事や喫茶ということを避けてしまったので、ただ走るのみの一年がすぎて、
でも車検から最初に戻ってきた翌日、六本木のミッドタウンでなんとなく「ヒレカツ卵とじ」をテイクアウトで買ったので、白いごはんを四谷のスーパーで買ってレンジで温めて、お茶も買って、そのまま自宅で食べてもよかったんだけど、外苑の夜のいちょう並木見ながらマリリンの車内で食べました。
これがなんか夜の遠足ぽくてよかった。

転機到来。

きのうの夜も、途中、月島のコンビニ前が停めやすかったので、棚に売れ残っていた「新潟カツ重」とドリアとお茶という不思議な組み合わせで、暗い雨を見ながら車内弁当したら妙に楽しかった。
今夜は閉店間際の幕張のコストコでホットドックとコーヒーを買って、雨上がりのイオン見ながら車内で食べたけれど、これも妙に楽しかった。


「2度あるカツは3度ある」
こわいなあ。





エイプリルフールの日。307CCマリリンを原工房さんで受けとる

原工房さんでマリリンの車検と整備。一旦出庫後にもういちど細かい整備をお願いして、2ヶ月経過。様々な仏車と合宿していたマリリンを受け取りました。

飛行機の中も、羽田空港から原工房さんへ向かう車の中も、こども状態でわくわくです。まったく落ち着きなし。CAさんにはシートベルトしてねと注意されるし、タクシードライバーの方も警戒して一言も会話なし。・・・・・・ですよね~

会社に到着してタクシーのドアが開いたら、目の前にマリリンと整備士のY田さん!

いきなりテンションo(*≧∇≦)ノMA~X

Y田さんも他の整備の手を止めて、その場でマリリンのボンネットを開け、屋根も途中まで開け、微調整の整備箇所と、アンチポリューションフェルトこれでもだめな場合の次の提案を教えてもらいました。プロってすごいわ! 説明聞いているときの安心感はんぱないし、仮にまたことが起きても織り込み済みで全然こわくない感じがします。「そうね、そういうことだから」みたいな余裕が私に移植されました。つおくなったぞ!

次の投稿で整備の詳細を書きたいけど、難しくて書けないかもしれない。でも整備士のY田さんが細かく整備してくださった愛情びしびし感じられて

「マリリン、幸せ者ぉ、このこのォ~」みたいな

あ。すみません、もう文章がめちゃくちゃですね。


この車が大好きでよかった。

原工房のみなさん、今回もお世話になりました。

ありがとうございました。


右は代車で使わせていただいた「足立のあっくん」こと308。すごく楽しかった。







2021年3月15日月曜日

VOGUEっぽい


VOGUEっぽい気配。
マリリンは今夜も快調、
静かにベルベットのように走ってる。









2021年3月1日月曜日

平べったライオン

 

なんか夜中に

隠しておいたお宝を引っ張り出した。

満足感。

左はオモクテ重厚な403の紋章です、沖縄の古道具屋さんで発見。中央は306カブリオレ後期のもの。ピニンファリーナの紋章もお宝。右は206の紋章です。マリリンと一緒。


平べったライオンは60年代風味なんだけど、


坂本龍一さんのビフォーロングを平べったライオンのCMに使ってる。

えー(・_・;)。

マリリンの密かな車内常備曲だったから、

いきなり先頭に立ってしまった感で落ちつかないです。

(いまはiri【イリ】の低めボイスにゾッコン)