2018年12月9日日曜日

沖縄の銀306カブリオレ、リアスクリーンの雨漏り修理完了


プジョー沖縄・丸貴のA垣さんに幌のリアスクリーンを新調取替してもらい、沖縄の銀306カブリオレも美しい姿に戻りました。台風でスクリーン取り付けのジッパー部分から雨漏りが起きたので対策をお願いしました。
http://kaorit-307cc.blogspot.com/2018/09/306_25.html 
その後コーキングの破れが起き雨が侵入してきたので、
 http://kaorit-307cc.blogspot.com/2018/11/306n5.html
再び調整をお願いして工場へ預けて1ヶ月、
「100パーセントではないけれど、工場の他のメカニックの力も借りてこれ以上はできないところまでやりました。洗車機入れないでくださいね、よろしく」みたいな伝言をいただき、修理後の写真を東京で見ることができました。

A垣さんゆるくやってるはずね、連絡ないし、みたいな邪推していた自分は悪魔です。
「幌の布地自体が18年くらい経過した古いもので、リアスクリーン取り付けのジッパー部品と周辺の布地も古くて傷んでいるので、必要なところは手縫いで補強し、そして接合部の布地には名前を言えない秘密の液を何度も塗って、その上から防水材を使い、そして確認してを繰り返し・・・・」して、納車。  すみませんでした。

銀306カブリオレ天使号、これから先の幌対策は、もしもうだめになったなら、新しい幌一式を仙台のコンバーチブル倶楽部から購入しA垣さんにばっちり張り替えてもらう作戦です。その時が来たら、どうぞよろしくおねがいします。


プジョー沖縄・丸貴のA垣さん(左)と、相棒のK島さん(new)。二人共このブログにすっかり観念して後ろ姿で写真撮りに耐えている。はず。




くびれたサイドラインもステキな銀306カブリオレ天使号。見惚れてます。コーキングで代用取付けしてもらったオートアンテナの車体ベースも、新しい部品が手に入ったので交換してもらった。









あのあと東京の青306カブリオレを襲った三重苦


沖縄から東京へ渡った青306カブリオレ続報。
都心の仕事場でステキな姿を見せてくれた日
https://kaorit-307cc.blogspot.com/2018/12/306.html
の午後、出先の駐車場で突然のエンジン不動。

そして、ソフトバンクの突然の全国的回線不通にも見舞われ、
その場でレッカー車も呼べず。
ようやく公衆電話をみつけて連絡を取る二重苦。

そしてレッカー牽引で、フックが壊れ、グリルも壊れ、
という三重苦。

おし~~~~~~ん!!!

すっかり凹んでいるいまのオーナーさんですが、
原工房さんが、年内に原工房レッカー車で引取に来てくれることに。

それにしても原工房さんのスーパーマネージャーE岡さんって、
どこまでスーパーウーマンなのか。
電話口で、306カブリオレの燃料緊急停止スイッチの解除方法を伝えて、やってもらいながらエンジンセル時の機械音を聞いて、「これはイグニッションコイルじゃなくて、フューエルポンプの不動かも」と。

すてきです!!!




気持ち凹みますよね。どうしたらこうなるの? これは保障して修理してもらわないと。



https://kaorit-307cc.blogspot.com/2018/09/blog-post_30.html https://kaorit-307cc.blogspot.com/2018/09/306_37.htm l岐阜の元306カブリオレのオーナーさんからご好意でいただいた専用のカバー、沖縄の強風で使えないことがわかり、青カブリオレに使っていただくことになりました。ガレージができるまで朝の霜よけにも大活躍です。





2018年12月6日木曜日

306カブリオレ、やっぱりきれいです


久しぶりの青306カブリオレ、
元気な姿を東京のオーナーさんが見せにきてくれました。
小雨で幌が濡れて、それがまたステキです。


沖縄時代はプジョー沖縄・丸貴さんが整備してくださって、
東京では原工房さんが 整備をしてくださっています。
年明けに、AL4の冷間時に起きている3速ホールド現象を修理とのことです。



 306カブリオレは通常ほとんど見ることがないので、
こうやって改めて見ると、
高級車ではけっしてないのに、なんとなくハンドメイドの気配がしてきて、
共通部品がたくさんあるにもかかわず、お金かかってるなあという造形で、飽きない。



おや! お決まりの箇所にかすり傷発見です^o^)/
この時代のプジョーたちの操舵角の深さは、あなどれません。




 そして車内後席。
原工房さん仕様になっていて(笑)
色味もかわいいですね。
手提げバッグはFBM2018の記念出品もの。いつか行ってみたいFBMです。


?そういえば、
沖縄の銀306カブリオレ(天使号)って、どうしてるんだろう?
リアスクリーンからの雨漏りの修理をお願いしていて、
いろいろ考えてくれているはず。
プジョー沖縄・丸貴のA垣さん元気かな?

すると以心伝心 。修理終えて明日帰ってくるそうです。
「洗車機は止めてくださいねッ!! 」
という伝言も。

m(__)m

ありがとうございました!







うるま市・安慶名ロータリー新設。欧州の道を妄想できるかも


フランスの交差点っぽいな~、と沖縄で妄想できる場所はロータリー交差点です。
もうなくなってしまったけれど懐かしの嘉手納ロータリー、
そして、糸満ロータリー(現役)。

新たに うるま市に安慶名ロータリーが開通したそうです。

https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/353574

ヨーロッパの都市郊外に交差点を妄想して運転できそう。
行けるときが楽しみです。





2018年12月5日水曜日

偏見ではないとは言えない




私のこと? そだねー 
四隅全部ぶつけてますし、後退で他車と激しく接触したりの過去があるので、
否定できない(笑)



2018年12月2日日曜日

307ccで本島一周ナイトラン




とても久しぶりに307ccを運転しました。
夕方から夜中にかけて沖縄本島を一周320キロ、屋根を開けながらひとりで走れて満足です。
タイヤの空気圧は適正値の2.3より高めに(フロント)していたのを、試しに適正値へ戻したら、くるまが体に馴染みよくなりました。不思議。

本島北部の山道100キロは真っ暗なのでシュミレーターの中にいるかのようにも感じます。途中たった1台しかすれ違いませんでした。ナビ画面を拡大し暗闇の先のカーブを読み、一人で呼称。そして進入する、次の準備をする、を繰り返して旋回をさんざん楽しみました。気分はWRC? 右足ブレーキ習熟してくると旋回が速くなりますね。
もちろん集落や動物に注意して、ヤンバルクイナ区間は減速。

ふだんは外しているウインドディフレクターもこの夜は装着。
疲れなかったのは、これのおかげだったかもしれなません。



307cc okinawa 沖縄自動車道中城SA






2018年11月21日水曜日

クリスマスのパーフェクトな贈り物



クリスマスですね、もうすぐ。




今の季節のオランダです、あまりに美しいクルマ。

https://www.flickr.com/photos/niels-photography/8218659424



来年は、ガラケーの写メを卒業しようかな。